君を待つと決めた日/あとがき

山儀篤史です。


君を待つと決めた日を最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。

【小説】君を待つと決めた日

【小説】君を待つと決めた日の一覧。君を待つと決めた日/21 - 「───とう……さん……」  目を開くと、僕は天井を見上げていた。  視界の半分は黒く、立体感のない世界は───まるで絵画のようだ。 「ユウ!」  隣で母さんの声が聞こえる。  ───ひどい顔。  化粧もせず、寝ていないのか目の下にクマができていた。 「すぐ先生呼んでくるから!」  バタバタと母さんは部屋を出て行く。 「ここは───保健室……?」  ───いや、違う。ベッドに僕の名前の札があるし、テレビもある。  身体の節々が痛む。布団を剥いで身体を見ると、手と足に包帯が巻かれていた。  ───病院? 交通事故にでもあったのか。  何があったのか思い出せずにいると、裾の長い白衣の男が部屋の中に入ってきた。  ───医者、かな?  淡い緑のカーテンを閉め、男はベッドの隣にまで来ると丸椅子に座った。  そして、あとから母さんもカーテンの中に入ってきた。 「やあ、目が覚めたかい? 身体の調子はどうかな?」 「あっ、はい。えーと……あまりよくない気がします。身体に力が入らないし、目も霞んでよく見えません……」  視線を隣に向けると、母さんが鼻をすすって泣いていた。 「……だろうね。ところで、自分の名前は覚えているかい? 今日の日付は?」 「名前───ですか? 過咲……過咲優です。今日はたしか、誕生日前日の5月12日だったと思います」  医者と母さんが目を合わせ、しだいに母さんの表情は曇っていった。  不安そうにしている母さんに向かって頷くと、医者は僕の目を見て静かに口を開いた。 「……過咲君。落ち着いて聞いて欲しい。今日の日付は───」 「───はい」  不穏な空気が漂う中、僕は頷く。 「───今日の日付は……7月7日なんだよ」 「───え?」  ───7月、7日? いや、でも今日はたしか───。  医者から視線を逸らし、もう一度今日の日付を思い出すことにした。  回想の中を辿(たど)る───おかしなことに、5月12日に下校するあたりからの記憶が、ゴッソリと抜き取られたかのように消えている。  誰かに───たしか女の子に「誕生日は家にいて欲しい」と言われた気がする。  ───あれ? でもなんで家にいなきゃいけなかったんだっけ?  首を傾げる。やはり、どれだけ記憶

Fragment of Efforts


この作品は、2016年5月に東京で開催された

「文学フリマ」用に作った作品でした。


当時のサークルで『5月をテーマに!』で作り始めた「君を待つと決めた日(キミマツ)」ですが、読者に何を伝えたいかがなかなか決まらずに悩んでいたのを覚えています。


そんな中、ふと5月のカレンダーを見て『13日が金曜日』であることに気が付きました。

(実際、2016/5/13は金曜日です)


他の月でもその曜日はあるかなぁと確認したら半年前の2015/11/13がそれだったことで、徐々に形が出来上がり今のキミマツの展開になった感じです。


読者に伝えたかったこと。

それは生きることを諦めないでほしいでした。


人によっては「余計なお世話だよ、死にたいやつは勝手に──」という方も少なくはないでしょう。


『いじめ』は学校の中に──もちろん、社会の中にだってあります。嫉妬だったり、ただの捌け口だったり、理由はそれぞれです。

終わりが見えない〝それ〟は、第三者から見たら「そんなことで自殺なんて」と思うことでも、本人からしたら絶望の渦に飲み込まれているに違いありません。


主人公である「過咲優」は果敢にいじめに向き合い、闘う(通学する)ことを選択しました。

実際、彼のような状況でここまで闘える人は少ないかもしれませんが、私自身の『いじめで苦しんでいる方の救いになれば』という想いを込めて、今の過咲優の姿に固めています。


最後の「伊達理」を赦すシーンも『負の連鎖は、自分できっと変えられる』という願いを込めて描きました。


……長くなってしまいましたが、最後に1つだけ。

この作品のクマバチのお話の引用になってしまいますが、できると信じて行動すれば、必ず達成できるという言葉が、苦難に立ち向かう皆さんの心に灯をともしてくれれば……と切に願っています。


0コメント

  • 1000 / 1000